相模原市には市営斎場があり、市民であれば安価な料金で利用することができます。相模原市営斎場は公営斎場としては便利な場所にあり、JR古淵駅から徒歩で行くことができる距離にあります。市営斎場には大小2種類の式場に加えて火葬設備も設置してあるので、葬儀場で告別式を終えた後に火葬場に移動するための霊柩車やマイクロバスなどの手配が不要です。さらに斎場職員への心付けも不要なので、トータルの費用を安く抑えることができます。相模原市営斎場は人気が高いので、混雑している時期であれば何日か待たなければならない場合があります。相模原市営斎場を利用するためには、斎場に対応した葬儀社に依頼を行う必要があります。公営斎場以外にも市の中心部の便利な場所に民営の葬儀場があり、参列者の利便性や日程を優先して民営の葬儀場を選択することもできます。

相模原市営斎場を利用する際の注意点とは

相模原市民であれば葬儀費用を安くするために市営斎場を利用することができます。市営斎場は式場の使用料金が安くて火葬施設も整っているので、総合的に費用対効果が大きいと言えます。市営斎場を利用する際の注意点としては式場に対応可能な葬儀社に依頼を行う必要がありますが、病院などで紹介してくれる葬儀社は互助会運営会社や専用の斎場を持つような規模の大きい会社がほとんどです。市営斎場を利用するためには、自力で対応する葬儀社を探さなければなりません。病院では長時間遺体を安置しておくことができないので、臨終後の短い時間で公営斎場に対応した葬儀社を探すことは困難です。このため病院で亡くなることが分かっているのであれば市営斎場に対応した業者を探しておき、可能であれば業者を選定しましょう。市営斎場は混雑しているので葬儀場が空くまで何日か待たなければならない場合があり、式場の利用時間をきちんと守る必要があります。

民営の葬儀場を選ぶ際の注意点とは

相模原市は都心へのアクセスが良好な場所で東部は都会ですが西部は山間地域があり、田舎と都会の中間地点に位置しています。このため、故人が地元の人であれば参列者の多くが郊外や山間部から自家用車を利用して来られます。逆に市街地域に住んでいて東京方面で仕事をしていたような人であれば、参列者の多くは都会から鉄道を利用して来られることになります。会葬者や弔問客がどちらから来るのかをよく考えて、国道沿いで駐車場が完備してある式場にするか、駅に近い市街地域にある式場を選ぶかを決める必要があります。注意すべき点として、相模原市の民営葬儀場は国道沿いや駅の近くなどの便利な場所にある施設ほど料金が高くなる傾向があります。インターネットやカタログ等で利用料金やサービスだけを見て安い会場を選ぶと、交通の便が悪くて会葬者や弔問客が不利益を被る恐れがあります。利便性についても考えて葬儀場を選ぶようにしましょう。